神奈川県相模原市 女子校

相模女子大学中学部

〒252-0383 神奈川相模原市南区文京2-1-1

042-742-1442

実施入試:

  • 適性検査型入試
  • プログラミング型入試
  • 一般教科型入試あり
適性検査型 公立一貫校併願対象校:
相模原中等教育学校
平塚中等教育学校

適性検査型入試

試験日
2022年2月1日AM
入試内容
適性検査(45分)
こんな児童に受験してもらいたい

正解のない問いに粘り強く向き合える、教科の学習にとどまらず、経験すべてを自分の成長につなげられる人にぜひ受験してほしいと思います。 また、県立中等教育学校をめざす受検生にも、併願校として多く受験してもらっています。

入試説明

「適性検査型入試」とは国語・算数・理科・社会といった教科の垣根を取り払った入学試験で、思考力、読解力、分析力を問うものです。本校では、「与えられた文章を正しく理解する力」、「算数的な見方や考え方と、基礎的な技能」、「図や表、文章などの複数の情報を読み取る科学的・論理的思考力」を問う問題が出題されます。

昨年からの変更点

特になし

ワンポイントアドバイス

勉強では知識をたくさん身に付けることはとても大切なことです。しかし、本校の適性検査は「何を知っているか」よりも、「何ができるか」が問われます。「問題をよく読み答えを導き出すこと」、「答えがない問題に対して、自分の意見をもつこと」など、普段の生活でのなぜ?どうして?に向き合ってみることが、「何ができるか」を身に付ける練習になると思います。

プログラミング入試

試験日
2022年2月1日AM / 2月12日AM
入試内容
授業・プログラミング(100分)、発表・ディスカッション(約20分)、基礎計算力テスト(20分)
こんな児童に受験してもらいたい

プログラミングを学んだことがない人でも大丈夫。「失敗を繰り返すことができる」「正解のない問いに粘り強く挑戦できる」こんな資質・能力を持った人に受験してもらいたいと思っています。

入試説明

試験は、パソコンやタブレット、プログラムの作り方などの授業から始まります。ここで教わったプログラムを使ってロボットを動かし、出された課題に挑戦します。課題クリアをめざす過程での、「設定した課題の着想・視点」「課題解決のアプローチ方法」「課題への粘り強さ」「論理性」などが評価の対象となります。その後、基礎計算力テスト・ディスカッションが行われ、総合的に合否が判断されます。

昨年からの変更点

特になし

ワンポイントアドバイス

相模女子大学中学部で開催される「プログラミング体験会」や「プログラミング入試体験会」に参加することをお勧めします。プログラミングの楽しさを知る中で、自分にとってプログラミング入試が合うかどうかを考えてみてはどうでしょうか。プログラミング入試で入学した先輩たちに聞くと、「楽しいからもう一回入試を受けたい!」なんて感想もあります。プログラミングと聞いてイメージがわかない人がほとんどだと思います。まずは体験会に参加してみましょう。