昨年度入試情報になります。
次年度募集内容が決定次第、更新させていただきます。

東京都板橋区 女子校

日本大学豊山女子中学校

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1

03-3934-2341

実施入試:

  • 適性検査型入試
  • 思考力入試
  • 英語入試
  • 英語資格利用入試
  • 一般教科型入試あり
適性検査型 公立一貫校併願対象校:
大泉高等学校附属中学校
立川国際中等教育学校
富士高等学校附属中学校
三鷹中等教育学校
両国高等学校附属中学校

適性検査型

試験日
2021年2月1日AM
入試内容
適性検査Ⅰ(200点 45分)、適性検査Ⅱ(300点 45分)、適性検査Ⅲ(300点 45分)  *「適性検査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」または「適性検査Ⅰ・Ⅱ(Ⅲを除く)」、いずれかを選択できます。
こんな児童に受験してもらいたい

様々な入試タイプで様々な得意分野や個性を持った生徒たちに入学してもらうことでお互いに刺激し合い生まれる相乗効果に期待します。 公立中高一貫校を目指している受検生にプレテスト代わりの受験も大歓迎です。

入試説明

出題の基本方針

1.主体的に課題を発見して、合理的に解決しようとする自主・創造性をみます。

2.小学校での教育を通して養ってきた、思考力、判断力、表現力を総合的にみます。

※適性検査I、適性検査IIおよび適性検査IIIは、公立中高一貫校が公表する「適性検査問題の出題方針、問題の構成及び主なねらい」に準じて出題します。なお、本校が実施する適性検査型入学試験は、特定の適性検査問題の予想を目的とするものではありませんので、あらかじめご承知おきください。

昨年からの変更点

特になし

ワンポイントアドバイス

公立中高一貫校を目指している受検生にプレテスト代わりの受験も大歓迎です。 合格発表時には適性検査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲそれぞれの採点者から解答に関する評価やアドバイスが添えられます。

英語インタビュー型

試験日
2021年2月2日AM
入試内容
英語を用いてのコミュニケーション力をみる面接試験(10分程度)
こんな児童に受験してもらいたい

英語が「好き」とか「得意」だけでなく,本校が実践している教育の2本柱の一つである国際交流教育のプログラムの中で中心的な役割を果たせるような意欲的な生徒に受験してもらえることを期待します。

入試説明

ネイティブの教員・英語科の教員各1名の2対1で行います。

内容は英検3級の2次試験をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

昨年からの変更点

今年度はZOOMを使用したオンラインで試験を行う予定です。

ワンポイントアドバイス

面接官が和やかな雰囲気を作ってくれますので、安心して受験してください。

プレゼンテーション(課題発見)型

試験日
2021年2月2日AM
入試内容
(1)プレゼンテーション(10分程度) (2)質疑応答(5分程度)
こんな児童に受験してもらいたい

様々な入試タイプで様々な得意分野や個性を持った生徒たちに入学してもらうことでお互いに刺激し合い生まれる相乗効果に期待します。 特に入学後に頻繁に行われる調べ学習や発表の機会に中心的な役割を果たせる人物を求めます。

入試説明

(1)プレゼンテーション [10分程度]

●あなたが日常生活で感じている問題点や課題(不便に感じていることなど)を一つあげ、それを解決する方法等のあなたの考えを事前にまとめておいてください。 その内容について10分程度でプレゼンテーションしてもらいます。

●受験生1名、試験官2名で行います。

(2)質疑応答 [5分程度]

●試験官があなたのプレゼンテーションの内容に関する、いくつかの質問をします。

※プレゼンテーションに使用するものがある場合は事前に用意し、入試当日に持参してください。 (手作りの作品、既成のもの、パソコン・タブレットを使用したプレゼンテーションなど、特に形式の指定はありません。) ※パソコン・タブレットを使用する場合は、必ず事前にお問い合わせください。

昨年からの変更点

2021年新設入試

ワンポイントアドバイス

「自分の言葉で、論理的に話すことができたか」「根拠となることが客観的な事実に基づいているか」「幅広い視野を持って物事を見ているか」がポイントとなります。

思考力(プレゼン)型

試験日
2021年2月11日AM
入試内容
(1)テーマ決定 (2)情報収集 (3)まとめ作業(60分~90分)、(4)発表(5分~10分)
こんな児童に受験してもらいたい

様々な入試タイプで様々な得意分野や個性を持った生徒たちに入学してもらうことでお互いに刺激し合い生まれる相乗効果に期待します。 特に入学後に頻繁に行われる調べ学習や発表の機会に中心的な役割を果たせる人物を求めます。

入試説明

(1)テーマ決定[60分~90分] ●与えられたいくつかのテーマの中から、興味のあるものをひとつ選び、発表する方針(立場や組み立て)を決めます。

(2)情報収集 ●選んだテーマについて、本校図書館の本やインターネットに接続できるパソコン(本校のものを使用します)で様々な情報を集めます。

(3)まとめ作業 ●集めた情報から、考えの根拠になるものを探し、それらと考えを関連付けながらまとめていきます。 ●まとめは、文章や絵、図や表などを用いて1枚の用紙に仕上げます。手書きで作成しても、本校のパソコンを使用して(MS Power Point または MS Word)作成してもどちらでもかまいません。 ※まとめが完成した受験生から順に「(4)発表」に移ります。制限時間内にまとめが完成すれば、かかった時間の長短は評価の対象とはなりません。

(4)発表[5分~10分] ●受験生1名、試験官2名で行います。 ●はじめに、まとめた内容について試験官に発表します。 ●発表が終わった後、試験官がテーマを選んだ理由や考え等を聞きます。

昨年からの変更点

今年度より本校のパソコンを使用して(MS Power Point または MS Word)まとめを作成することも可能となりました。

ワンポイントアドバイス

「自分の言葉で、論理的に話すことができたか」「根拠となることが客観的な事実に基づいているか」「幅広い視野を持って物事を見ているか」がポイントとなります。